クルマを売却する時に必要な書類って何?


 必要書類について(普通自動車) 

自動車車検証

車の登録番号や型式など、その車の所有者を証明する書類です。

車検証がなければ車は売却できません。なくしてしまった場合は運輸支局で再交付できますが、手続きが不安な場合は当店で再交付を代行することもできます。

 

 ● 自動車税納税証明書

自動車税の納税を証明してくれる書類です。なくしてしまった場合は、各都道府県の税事務所で再発行できますので、お問合せしてみてください。

 

 ● 自賠責保険証

法律で定められた強制保険(自賠責保険)の証明書です。有効期限があるものをご用意ください。

車検とともに切れることが多いので、車検が切れる前に売却する方が無難でしょう。

紛失したときは保険会社に申請して再交付しましょう。

 

印鑑証明書

車の所有者が居住している市区町村に登録してある印鑑の証明書。

売却した車の名義変更を買い取り店に代行してもらうときの委任状や、譲渡証明書に捺印が必要となるので、店頭にて書類を作成する場合は実印をご持参ください。

 

 ● 住民票

車検証に記載されている住所と印鑑証明書の住所が異なる人は住民票が必要となります。

何度も引っ越しをしている場合は、すべての住所がきちんとつながるように、過去に住んでいた住所からの転出、転入の履歴がわかる書類が必要となります。

※車検証に記載されている住所から、2回以上住所変更をしている場合、戸籍の附表もしくは、住民票の除票が必要になります。

※結婚等により、車検証の氏名が変更している場合は戸籍謄本が必要になります。

 

 ● 委任状、譲渡証明書

委任状:売却後の名義変更を、買取店に代行してもらうことを正式に委任する書類。

譲渡証明書:車を譲渡するときに必要なもの。いずれも買取店側で準備をしてくれて、印鑑証明書と同じ印鑑を捺印します。

 

リサイクル券

リサイクル券とは、車購入時または車検時に自動車リサイクル料金を支払ったことを証明する書類です。

万一紛失してしまった場合は、当店でご用意いたします。

 

※書類はすべて、車検証の「所有者の氏名または名称」に記載されている方のものをご用意ください。

 

 

 軽自動車の売却

 ● 自動車車検証

車の登録番号や型式など、その車の所有者を証明する書類です。

車検証がなければ車は売却できません。なくしてしまった場合は運輸支局で再交付できますが、手続きが不安な場合は当店で再交付を代行することもできます。

 

 ● 自賠責保険証

法律で定められた強制保険(自賠責保険)の証明書です。有効期限が切れていると売却できません。

車検とともに切れることが多いので、車検が切れる前に売却する方が無難でしょう。

紛失したときは保険会社に申請して再交付しましょう。

 

 ● リサイクル券

リサイクル券とは、車購入時または車検時に自動車リサイクル料金を支払ったことを証明する書類です。

万一紛失してしまった場合は、当店でご用意いたします。

 

 ● 認印

軽自動車の売却には印鑑証明は不要です。認印のみご持参ください。

 

※書類はすべて、車検証の「所有者の氏名または名称」に記載されている方のものをご用意ください。

 

 

 プラス査定のポイント 

 洗車、車内やトランクを整理、掃除!

当然のことながら、車はキレイにしておいたほうが印象がいいです!

 

 できるだけ車内の臭いをとりましょう。禁煙車はプラス査定!

自分では慣れてしまっていてわかりにくいですが、車内の臭いは気になるものです。

できれば査定前に一度、知人にチェックしてもらうといいかもしれません。

 

 ● ディーラーの保証書を用意!

売りたい車が新車で買った車なら、「ワンオーナー車」としてプラス査定となります。

 

 ● 低走行距離は高評価!

走行距離は査定において重要なポイントです。売りたいと思ったら少しでも少ない走行距離で査定!

 

 ● オプションや社外パーツはそのままで!

メーカーオプションや社外パーツは査定のポイントになります。まずはつけたまま査定してみましょう。

 

 ● 整備記録簿を用意!

定期的なオイル交換や整備などの履歴は、大切に乗ってきてしっかり整備されているという信頼の証です。

 

 ● ついてしまったキズやへこみはそのままで!

キズやへこみは当然マイナス評価となりますが、修理したところでその分の金額が上乗せされることはありません。自分で直すよりもそのまま売却したほうが金額的にはお得です。